もぐもぐ、たべる、きみがすき

美味しいご飯と可愛い推しでたおやかで健やかな日々

素人書評『太陽の塔』森見登美彦

お題「素人書評」

いつもオタクイベントの備忘録ばっかりだけど、1つ前の記事で素人書評なるマイお題を作って好きな絵本のことを書いたら、なんかスター⭐️をもらったので、調子に乗って素人書評2回目を書きます!イェーイ!自分が楽しいだけ!みんなお題使って!!!

この記事の書評は結構自信あって、というのも高校3年の時に、文系の授業で書評を書く課題が出て、たしか授業内に終わらないくらい結構熱心に書いてて、それで満点💯もらったからそこそこよく書けてたんじゃないかな〜と思う!懐かしい、その授業の先生強面の野球部顧問て、体も大きかったんだけど目がつぶらで可愛かったなぁという思い出……( ・ᴗ・ )

 

前置きはこの辺にして書評書くよ~!!

 

 

 

太陽の塔』書評

 

太陽の塔――1970年の大阪万博岡本太郎が作った見る者を圧倒させる巨大アート。それぞれ未来、現在、過去を象徴する三つの顔を持ち、人間の尊厳と夢幻の発展を表現したとか。そんなインパクトある「宇宙遺産」をタイトルにした本書は、森見のデビュー作にして、第十五回日本ファンタジーノベル大賞受賞作品である。

森見作品の一番の魅力は、やはり作者が持つ独特の世界観と特徴的な文体であろう。

 

あまりになめらかに湾曲す体格、にゅうっと両側に突き出す溶けたような腕、天頂に輝く金色の顔、腹部にわだかまる灰色のふくれっ面、背面にある不気味で平面的な黒い顔、ことごとく我々の精神を掻き乱さぬものはない。

 

これは太陽の塔を描写した一文であるが、これだけ抜き出してみても、彼のボキャブラリーの豊富さに驚かされる。森見の一ファンだという漫画家、羽海野チカはその特徴ある古風な言い回しを「何度も口に出したい日本語」と評し、また読者の多くはそれを「森見節」と呼称する。森見の作風に大きく影響を与えたのは、研究室をやめた大学四回生からの二年間「空白のむにゃむにゃ時代」に人生の答えを探し求め出会った内田百閒である。大学に入った頃は小説というものはもっと美しいものであって、本書のような笑わせるものだとは考えていなかった森見だが、その空白のうちに百閒の『冥途・旅順入城式』を読んだことが、こういう書き方もあるのかという、真面目に考えるきっかけになったという。

 

無人駅は木立の中にあって、葉の隙間から漏れてくる光がコンクリートをまだらに染めている。風がゆるく渡るたびに微かに光が震えた。

[‥‥‥]

木立を抜けると、野原に出た。野原のまわりは、うるうると水を含んで盛り上がるような森に囲まれていた。広い皿の底にいるようである。その皿の底には冷たい液体が溜まっていて、その液体をかき分けながら皿の底を進んでいるような気がする。

 

物語は京大生である主人公の「私」が、元ガールフレンドの「水尾さん」の追っかけをいう日課をこなしつつ、「クリスマスという怪物」闊歩している京の都を無闇矢鱈に疾走し、時に無限に広がる妄想を交えながら、もやもやとした大学生活の日常をじっくり語るスタイルで進んでゆく。上に抜き出したのは、諧謔的な森見節がこれでもかと炸裂するイケてない日常とは打って変わった雰囲気漂う、水尾さん夢のなかである。主人公はひょんなことから叡山電車に乗り、彼女の夢を訪れることになる。水、光、風など「春めいた」表現が散りばめられた夢の中は、現実世界とは対照的に描かれ、水尾さんが持つ世界への憧れが垣間見える。

 

得意の森見節で次から次へと展開する「ゴキブリキューブ」「ええじゃないか騒動」などのさえない事件の数々と、めくるめく妄想で構成されるフラれた男子大学生の独白小説は「等身大の人間」を生き生きと映し出している。万物のエネルギーの象徴である「太陽の塔」に勝るとも劣らない魅力を持つ本書は、私にもっと自由に、強く、等身大で生きることを教えてくれる。

 

 

新潮社

www.shinchosha.co.jp

素人書評『わたしのワンピース』

お題「素人書評」

お題を初めて作ってみた。「素人書評」。本を月に何十冊と読むわけでもないし、本のプロフェッショナルでもソムリエでもない。でも、感想じゃなくて素人なりに書評を書いてみたい!…………というのはまあ建前で、学校の課題で書評を書く機会があって、我ながらそこそこよく書けたんじゃないか、なんて自己評価高めな感じに思ったので、なんかもったいないし、せっかくならこっそり公開しちゃおうかな、というのが経緯。公開したせいで、先生にこれコピペでしょ!とか言われないよね……まあ自分のブログだと証明できればいいか!

児童文芸の授業だったので、選んだ本は絵本の中から。原文ママ。レポートの出来には目をつむってほしい。

 

 

『わたしのワンピース』書評 長年愛される理由

 私が秋学期のビブリオバトルで選んだ絵本は『かいじゅうトゲトゲ』であるが、ここではその絵師である西巻芽子さん作・絵の『わたしのワンピース』について書評を書こうと思う。

 

私の家には何百という絵本があり、子供の頃はたくさんの絵本を取っ替え引っ替え手に取り、夢中になって読んでいた。『わたしのワンピース』は『ぐりとぐら』や「14ひきシリーズ」などの名作と同様に何度も繰り返し読んだ絵本の1つである。この書評を書くにあたってラインナップが変わらぬ本棚からその絵本を取り出して読んだが、まあ短いこと。ものの30秒で読み終えてしまった。よく飽きもせず何度も読んだなあと思ったが、繰り返し読まれ、そして第1刷から50年近く経った今日でも売れるような名作と言われる所以が必ずあるのだろう。その理由を考えたい。

 

まず、お話の構成。うさぎの「わたし」が落ちてきた一枚の白い布でワンピースを作って、それを着てさんぽすると不思議とその場所の模様にワンピースが染まっていく、といういたってシンプルなストーリー。とてもわかりやすくて、次々にワンピースの模様が変わるのでテンポも良い。しかも、はなもよう、みずたまもよう、くさのみもようときて次は何かなと思ったらことりのもようになって空を飛んでしまうという意外性もこの短いストーリーの中に入っている。意外だけれど、ことりがくさのみをついばむのも、ことりだから空を飛ぶのも理にかなっていて、子どもはそのことを素直に受け止めることができる。最後のページはこれからも道が続いていて、文章もまださんぽが続くような文なので読む子はこの本で完結することなく「次は何の模様になるのだろう」とずっと想像を広げることができる。短いお話なのに、子どもにとっては無限に続いていく構成なのだ。本当によくできている。また、出てくる主人公(主兎公?)に名前をつけずに「わたし」とすることによって「わたし」に自己投影できる。自己投影することによって「ラララン ロロロン」と思わず口ずさんでしまうほどのウキウキ感を体験することができるのではないか。

 

次に文章について。子どもはオノマトペが大好きだ。本書にはそんなオノマトペがふんだんに散りばめられて、子どもはページをめくるたびにこの絵本が好きになる。1ページ目から「ふわふわ」ページをめくると「ミシン カタカタ」3ページ目には「ラララン ロロロン」オノマトペがあると読み聞かせも調子付いて楽しくなる。1ページ1〜3行ほどの短い文の中にも「わたし」の感情がちゃんと表れている。たとえば「だいすき」ではなく「だあいすき」とすることで、もう本当におはなばたけのさんぽが特別好きなんだなということがわかるし、ワンピースの模様が変わるたびに「あれっ」「あらっ」と驚きの声を上げる。「わたし」にとってワンピースのもようが次々変化することは予想外のことであることがわかる。感情豊かな主人公には共感しやすい。

 

最後はについて。シンプルで大胆な絵。使っている色は黄緑、黒の7色だけ。背景はあったりなかったりで、「〇〇もようになった」の場面はその模様に合わせた1色が背景に塗られていて、あくまで塗り方は雑な雰囲気。ワンピースも三角形で表現されていて、繊細さよりも大胆さが重視された絵柄は見る人を惹きつけて、子どもの想像力を邪魔しない素敵な絵。読んでいてハッとしたのはほしのもようになるところの、文字が何も泣いていない星空のページ。流れている星の数を数えると次のページで「わたし」が着ているワンピースのもようになった星の数と同じ。そんな発見も楽しい。

 

シンプルで短いお話だけれど、その文章構成と西巻さんの絵柄には長い間愛されるたくさんの秘密があった。

 

 

こぐま社

kogumasha.co.jp

 

絵本ナビ

www.ehonnavi.net

 

Amazon

わたしのワンピース   にしまき かやこ https://www.amazon.co.jp/dp/4772100180/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_8n7DAb7FWY4T8

 

Just going now!!っていう神曲

どうも中野サンプラザから帰ってこれない防衛部のオタクです。CGライブってすごいんですよ!?知ってます?という話をするとたぶんこの記事夜まで書いてるし、しじらについては円盤が手元に来てから萌え語りする。

 

とはいえ昨日の熱を引きずったまま冷めそうにないのでわたしが、そしておそらくメスゴリラのみんなも大好きな曲の話をしたい。萌えを吐き散らかせてくれ。ただあれが好きだこれが好きだと話してるだけだけど、好きの放出は積極的にやっていきたい。もしこのブログを見ている防衛部のオタクじゃない人がいたら「Just going now!!」だけでも聴いてほしい。本当に好き、歌詞もメロディーもダンスも何もかも好き。

 

そもそも「Just going now!!」は防衛部1期のOPのカップリング曲で作品の中で頻繁にかかるわけではない。ただ、1期8話の3年生回と2期最終回のさわり、はちゃめちゃに熱い展開でBGMとして使われて絶対的な勝利を導くことから「勝利確定ソング」と言われる。

 

 

 

本題。以下太字が歌詞

まずタイトル見て!いや何回も言ってるから見てると思うけど!Just going now、ただ行くだけ。和訳違ったらごめん。ど直球ストレート155kmみたいなタイトル。シンプルで良い。防衛部は学園もので青春の物語でもあって、この曲は爽やかで勢いがあって熱い感じで一聴すると〈青春‼︎〉って感じの曲だけど、歌詞を読み込むと青春真っ只中にいる人にはもちろん、そうじゃない人にも刺さる、いつ聴いても背中を押してくれる。歌う5人に照らし合わせながら、わたし自身にも当てはめて聴けるような、そんな曲。

和訳何が正しいんだろうって色々こねくり回していて、「いま行く」って訳すと1期8話で煙ちゃんの前に立ちはだかった熱史の心情、その前に熱史がピンチに陥った時に駆けつけた煙ちゃんの心情にも重なっている気がしてスッキ😘

 

 

 萌え語りスタート!⸜❤︎⸝

何度転んでも立ち上がればいいのさ

地べたから太陽が昇るように

見て!希望に満ち溢れ過ぎてる!何度転んでも立ち上がればって、転ぶことくらい何度もあるよねって失敗とか挫折を肯定してくれてて、それでいてその度に立ち上がればいいよって、ただそれだけだよって言ってくれるの大好き。「地べたから太陽が昇るように」は地平線から昇ってくる太陽を想像するんだけど、太陽って「希望」そのものだし、そのその1番眩しい太陽と私たちを同列に並べてくれるのなに?神?強く生きる、という気持ちになる。そして5人の歌声の力強さたるや!説得力増し増しですよ!ん〜〜〜〜すき〜〜〜〜!!!このフレーズの後のギターの音もめちゃくちゃかっこよくて大好き!

あとね、この歌い出しのところで、誰かの、和臣さんかなぁ?ブレス音が入ってて、そこが死ぬほど好きで、編集で切ろうと思えば切れるのにあえて入れたスタッフさん愛してる……♡

 

軽率すぎたMistake

ダラけて逃したChance

そんな僕らを笑う 声がした

ここからのパートは当て書きになってて……

 軽率すぎたMistakeを有基が歌うのがエモエモのエモ。5人組のセンター絶対の赤。物語の全てを動かす。揺るぎない“正”(聖)の象徴、そんな彼がMistakeと歌う、絶対無敵の正義のヒーローでも間違える。そんなんヒーローでもなんでもないわたしが間違えるのなんて当然じゃん!仕方ねぇ!あと有基の低めの歌声好き。

ダラダラ主義者の煙ちゃんがチャンスを逃したと歌う。それは後悔なの?なんのチャンスを逃したの?うう……煙ちゃん……すき……

 

想いも伝えられず 時には手痛いLoss

雨にまでフラれてる また今日も

熱史が想いも伝えられずって歌うの、ひぇってなる。すれ違うたび飲み込む言葉。CG Liveで錦ちゃんソロの後に熱史が「錦ちゃん、ごめんね」って言ってWhy so cool?を歌い始めたの聴いてから余計にグッとくる。和解してもなお、熱史は「ごめんね」って言い続けることしかできなくて、でもそれは彼の不器用さで、きっと錦ちゃんもそれはわかってて……。想い“も”ってことは他にも伝えられないものがあるのだろうか。あと、想いを伝えられっずのちっちゃい「っ」感好き。

 手痛いLossは硫黄のパートだから、株取引に掛けてて、でもそれだけじゃなくて1期の硫黄生徒会に勧誘される回とか思い出す。失うと痛いんだ。愛でも、友情でも。

雨にまでフラれてもは立のパート。雨に降られるのと女の子にフラれるのとを掛けてて本当に上手いこと歌詞書いてあるよね〜〜!!ほんとすごい!!!想い伝えられず→手痛いLoss→雨にフラれての流れ、悲しさを引き継いで想いも伝えられなくて、失ってしまうと心痛いし悲しい。

 

減点方式の人生 そうなら不利かもしんない

それでも手札(カード)は自分だけさ

冒頭の何度転んでも〜のとこでも言ったけど減点方式の人生であることを決して否定しないでくれるんだよ!?すごい!加点加点で物事を考えられる人もいれば、わたしなんかネガティブだから点引かれてばっかりだけど、それでも行き先を決めるのはわたし自身だから、周りの手を借りながら自分の足で進んで行かなくちゃいけないんだよな……でも進んでいけるのは防衛部というコンテンツだったり、仲良くしてくれる友達だったり、ありがたいな、世界に感謝……ありがとう世界……チュッ😘

軽率すぎた〜不利かもしんないまでネガティブな歌詞が続いて、からの「それでも」と覆して力強く歌うのドラマチックすぎる。曲展開が神。

あとねぇ、ここのメロディーが超かっこよくて大好き。

 

Just going now!! 未完成な理想主義だって
ありのままでさあ 尖れ輝け
自分らしさで転ぶことがあっても
傷跡の多さを 笑い合おうぜ

わ〜〜!!!サビですよサビ!!!!!!頭のフレーズ以外ずっとパート分けされて歌ってきて、ここに来て5人の歌声が重なって厚みと疾走感を増してうあ〜〜〜〜好き〜〜〜〜!!!ありのままでいることってすごく難しいと思ってて、学校、会社、もしかしたら家族の前とかでもなんとなく人に求められてる作った自分でいて、でもそれも含めてありのままでいいんだよ〜〜って言える強さ。ハァ、好き……。“未完成な理想主義”の言葉センス最高。自分らしさで転んでも、自分らしさを曲げる必要なんて全然なくて、むしろ尖って輝けって言ってくれる。尖るって普通はあんまり良い意味で使わないことが多いと思うけど、あえて尖っていけ、そして輝いてって言うのあまりにも眩しすぎる。個性が強くて若くてキラキラしてる5人が歌ってるから余計に。5人はキャラのことでもあるし中の人たちのことでもある。傷跡の多↑さで上がるのも好きポイント。

 

まだ今も覚めない青い春を

ただ駆け抜けたいから

ここのさあ、「今も覚めない青い春」のフレーズ最高すぎない?hotaruさんは神!まだ終わらないでと願いたくもあり、でも早く大人になりたくて、儚いくて美しいようで、意外と根強くて泥臭くて、そんな時期が誰しもあって、防衛部を見てるとその青い春に飲み込まれて、風で舞い上がる眉難高校のグランドの土の匂いを嗅いでる。みたいな。伝われ。

 

ハッピーエンドのDrama

なんてリアルじゃないな

こんな僕らの明日は どこにある?

これ!ハッピーホモキラキラ美男子アニメにして君たちあまりにも現実的(リアル)過ぎない?人間関係割とドロドロだし、くっだらないことで喧嘩したり、ヘソ曲げたり、ダラダラしたり、でもすぐ下ネタ言ってゲラゲラ笑ってるし、無邪気に雪合戦してるし好き!ハッピーエンドのDramaはリアルじゃないのか、そんなことを思いながら明日を手探りで探して生きてるんだな、まるで3次元の人間が考えてることみたい。こんなに人間みがあるのにアニメは頭空っぽにして見られるのどういうこと?好き。作品にギャップ萌えする。愛するしかない。

 

ないのなら作り出せ 探すより走り出せ

頭より感情で 立ち向かえ

2年組が作り出せ、走り出せって言うの好き、行動派👊立くんが「行けばいいじゃないっすか」って言うの脳内再生余裕。からの熱史の頭より感情であ゙あ゙あ゙あ゙。何かと考えがちというか、きっといっぺんに色々なことを考えてしまってそれで踏み出せなかったことがたくさんある熱史くんが頭より感情でと歌うの。熱史のキャラソンWhy So Cool?にある「感情で行動 それだけのこと 本能より単純で… でも熱い想い 俺にあるだろうか?」「感情で行動 それだけのこと 傷ついたっていいだろう」という歌詞とリンクしててアツい。話逸れるけど熱史っていい名前だよね。自分のことクールって思ってるみたいだけど、大事な人がやられそうだとすぐ盾になろうとするし、友情に篤くて、可愛い名前!

 

選択だらけの人生? そうなら有利さ絶対

ブレない基準は自分だろう

明日を模索しながら、とりあえず走り出すしかない時もあって、そうやって常に選択しながら生きてることを「有利」だと思えるポジティブさに救われる。彼らが絶対というなら絶対なのだ。そしてその選択の軸は他ならない自分で、それは決定事項で全ての前提だから、自分だろう?と確認するような語尾のまとめかたに、そうだったわたしの人生においてはわたしが全てなんだって気づく。

歌割り振りが1番では3年→1、2年だったのが2番では2年→1、3年になるの好き。

 

Don't give up!! 悲観的な未来予想だって

心のままにさあ 壊せ越えてけ

情熱で空回ることがあっても

悔し涙さえ 笑い飛ばそうぜ

サビーーーーポジティブすぎーーーーすきーーーーー!!!!!!!!!!!これもだめじゃん!あれもだめじゃん!ってなったとしても、それを壊して!越えて!悔しくて!泣いても!笑えばオッケー!!!!!ありのままに心のままに越えていこうぜ!!!!ありのままに動けるのは若い人だけ!?うるせぇ!わたしの人生だ口出しすんな!好きなように生きるぜ!イェーイ!!!!!って感じ!(?)

 

まだずっと消えない夢の跡を

ただ追いかけたいから

とうの昔に描いた夢の“跡”を追いかけたい、ただそれだけで駆け抜ける充分な理由になる。ヒーローになりたい、ずっと一緒にいたい……💫それぞれの夢が入り混じって彼らの青春か煌めいてうあーーー!!!!!!!!!!!!!

 

何度転んでも立ち上がればいいのさ
地べたから太陽がほら昇ってく
自分らしさでまた懲りずに転んで
傷だらけになって そして笑って

まだ今も覚めない青い春を
さあ駆け抜けてゆこう

 ここに来て「何度転んでも立ち上がればいいのさ」これまでの歌詞を汲んだ流れでより一層歌詞の力強さは増して、後ろの音楽が絞られてて歌声が強く聴こえるの大好き、天才。駆け抜けてゆこう〜の最後5人の重なる歌声の伸びが最高に愛おしい!

 

 

 

おしまい!いぇーい!たくさん書いた!!!!!最後まで読んでくれた人なに?神!?ありがとー!!!

とりあえず言いたいことは公式ちゃん早く設定資料集(歌詞解説付き)作って!!!!でも曲に関しては解説がなくて受け取る側がこんな風に自由に妄想できるのがいいかも?でもhotaruさんによる全曲解説が読みたーい!!!!!

CD持ってる人は改めてジャスゴ聴いてほしいし、なんならみんなの解釈を聞きたい。聴いたことないよって人は試聴だけでもしてほしいナー!iTunesAmazonのリンク貼るからよかったら!ぜひ!iTunesの方は頭から聴けるからブレス音確認できるよ!

 

 

 iTunes-link

 地球防衛部(山本和臣梅原裕一郎西山宏太朗白井悠介増田俊樹)「絶対無敵☆Fallin' LOVE☆ - EP」
https://t.co/6K1Mv4BXBO?app=itunes

 

Amazon-link

 https://www.amazon.co.jp/dp/B00RTER3DC/ref=cm_sw_r_cp_awdb_c_AHWBAbH5GCFK4

LOVEはHAPPYなKISSを連れて

今回のブログ記事、なんともクサくて、よくわからん題名でしょう?文才がないので許せ!ちなみにKISSはキスではなく「キッス」と読むんだぞ!!!!

 

このブログを読んでるオタク!美男高校地球防衛部LOVE!は知っているか?知っている?よし!同士だな!固い握手を交わそう!なに?知らない?さすれば見るがよい!見てくれ!1話、30分だけでいい!終わっていない大掃除の作業BGMにでもしてくれればいい!見てみて合わなかったら合わなかったで縁がなかった、ただそれだけ!「面白い!」と少しでも思ったらそれはもう運命!君は美男高校地球防衛部の才能がある!とりあえず無料視聴ができる公式のURL貼っておくからな!(宣伝は基本)

美男高校地球防衛部LOVE! 第1話「愛という名のもとに」 - niconico

 

ここからは今の素直な気持ち。

防衛部が終わってさみしい気持ちになった時に、私はいつもLOVE!LOVE!ファンブックを手にとって、杉田さんの言葉を繰り返し読むの。

「これがないと生きていけない!」というような作品ではないので、頭の片隅に入れて……いや、むしろ忘れてしまってもいいかもしれません。もしかしたら、ある日突然何らかの形で返ってくるかもしれませんが、急に棚からボタ餠が落ちてきた方が「やった!」って喜びも大きいでしょうし。

この言葉を胸に、続編やってほしいな、美男大学地球防衛部まだかな、なんて思ってて。まさかプリキュア式に美男高校地球防衛部が新シリーズで帰ってくるとはまるで思ってなかったけれど。棚からボタ餠どころじゃないですよ。蛇口から温泉が出てきて止まらなくて家の中が洪水で大混乱みたいな。例えが下手。

防衛部これからどんな展開なんだろう。シリーズってことは防衛部のこれからの未来がずっと続くよってことでしょう?LOVE(そしてLOVE LOVE)のキャストさんには本当に感謝の気持ちでいっぱい。ここまでコンテンツを大きくしてくれてありがとう。愛してくれてありがとう。奇跡を起こしてくれてありがとう。キービジュが出た5人はどういう設定なんだろう。先代バトラバかな、それとも次代?どの温泉の名前かな。どういう声でどんな性格なんだろう。HAPPY KISSだからハピキスって略すんでしょう?敵はどんなキャラ?変身衣装は?属性は?安元さんはいる?1話の怪人は石田さん?妄想しだすと止まらない!とってもとっても楽しみ!

 

 

なのに何で泣いてるんだろう!このブログ書きながら泣いてる!すごいポジティブに受け入れたつもりだったのに!なんでだろう!

わかった、わたし、ちゃんと悲しいんだ。防衛部の5人がメインで描かれることはもうないんだって思ったら、悲しくて、さみしくてたまらないんだ!でも、それってすごい贅沢なことなのかも、だってそれだけ愛があって、大好きだってことじゃない?こんなにも愛せる作品に巡り会えて、めちゃくちゃラッキー!一緒に歩んできた3年間がなくなってしまうわけじゃないし、ちゃんと悲しい涙を流せることって幸せなことなんだって思えるくらいの愛をもらったんだ。

 

 

愛をありがとう!まだまだもっと愛せるよ!防衛部大好き!

ブタキン大千穐楽🐷🈲(前半)

ありがとうの代わりに好きって言わせて

は〜バイトを休んで大好きな先輩と大好きな舞台を見てそれから飲むお酒は最高だな〜🍻

11/12舞台KING OF PRISM-Over the Sunshine!-(ライビュ)感想と覚えている限りを思い出した順にぽちぽちと。帰ったらニコニコタイムシフト見よう。それとも明日にとっておこうかな……

てかキャパ小さくない!?そりゃ当たらんわ!!!生で見たかったな〜!でもいいんだ、ライビュカメラにたくさんファンサもらったから!舞台最最最最最最最最高だった!彼らは実在していた!監督愛してる!ブタキン続編希望!!現地勢アンケートに書いた?続編希望って書きました!?!?!?は〜〜劇場版も舞台も続編ありますように!そして今度こそ生で見られますように!!!

 

ミナトさん推しの先輩と一緒に映画館に足を運ぶ。私はレオくんとカケルとタイガ推し。でもみんな好き。劇場内ではOver the Sunshine!が流れていて思わず赤色のペンライトを振りたくなる。

応援上映形式だったの最高すぎた!いろんな懸念や議論あったんじゃないかなと思うけど、それで行こうとGOを出してくれた偉い人サンキュー!😘舞台横のランプが光ったら応援していいよってことだったから、ライビュだとランプ見えないかな、大丈夫かなって思ってたけどカメラに映る現地のお客さんに合わせて応援できたので問題なかった!良かったー!

 

(*´-`).。oO(記事タイトルに(前半)ってあるのは、公演がボリューミーすぎて、いっぺんに書くには時間と体力と語彙力が足りなかった……後半はすでに記憶が曖昧なので内容が薄くなってしまうかもしれないけど完成するのを待っていたら記事自体お蔵入りになりそうな勢いだったのでとりあえずUPしませう……きっちり前半後半分けているわけじゃないです、とりあえず今カケル書けるところまで書いたという感じ。相変わらず記憶違い多いし、自分のための備忘録メモ📝前振りが長い?わたしもそう思う!どうでもいいことつらつら書くの大好き!

 

 

体感5時間の煌めき

・開始数分でルヰくんとシンくんが出会ってペンダントを託すシーン、キス(するフリ)(口元はルヰくんの手で隠れてる)した時点で「あっこの舞台ヤベェ」と悟った。キンプリが舞台化されている時点でヤバくないわけがなかった。その後シンくんが少し呆然として唇を触っていたのでけしからんと思った。ルヰくんの唇柔らかかったんですかね……

・その後のオバレライブは、劇場版とおんなじようにペンラ振って「コウジ!」「カヅキ!」ってコールするの、わたし今オバレのライブにいる!って思わされる、引き込まれる感じがあってクソほどテンション上がった

・エリートのコールが訓練されすぎてて最高

・客席から舞台に向かうシンくん

・服が弾け飛ぶシンくん

丸裸になったシンくん(いいケツしてた)

・胸キュンハグバーニンされたシンくん

・交通ルールは守って安全に!\ハーイ/

(返事してね!みたいなこと言ってた気がする)

・小さいけど急勾配な坂道自転車で下るのすごい!

・オバレ交通ルールは守って!のくだり、律儀にスタンド立てるの、ふふって思った

・ひ、聖さんー!!!髪の毛いじってるのしゅき

(*´-`).。oO(\耳にかけて!/)(かけなかった)

・シンくんのM字開脚を密かに期待したのですがダメでした、M字開脚NGでした(?)

・エデロ入学当日、みんなとすれ違うシーン↓

ユキ様お着物が似合いすぎてはわ……麗しゅうございます〜〜!そ、そしてレ゙オ゙ぐん゙、、、白のハイソにのる太もものムチっと感150点ですよ……💮なにより顔が可愛い…………顔以外もかわいい……全部がかわいいよレオくん…………レオくんがつまずいてシンくんに被さるシーンあれ生身の人間でやられると予想外にエッチすぎてダメ、本気でチューするかと思った、、🙈タイガの歩き方猫背気味でタイガじゃん!タイガ挨拶して!🐯ユウくんはおててあげるとお腹出ちゃうのかわいい〜ね〜😭何年生????劇場版ではこの場面でカケル出てこなかったけど、スーツ着て「会議に遅れる〜!」なカケルが出てきて、スーツ姿のカケル大好物。間違えた、大好き。キキくんは元々美男効果地球防衛部LOVE!LOVE!(見てください)でファンになって、憑依型とは知ってたんだけどいたーーーーーーーカケルがいたーーーーーーーーー声の雰囲気も八代さんに寄せててはぁ、、、好き、、、、カズオじゃなくてカケル!ってたくさん言ってた、かわいい、、、😭そしてミナトさん!!!!!舞台見てからマジで五十嵐ミナトって言ってしまう。鷹梁雅で五十嵐ミナト……俺たちのまさし……先輩がミナトはまさしのためのキャラだと思うって真顔で言ってて私はそれに「わかる」って答えた。ミナトさんは五十嵐さん以外考えられない。嫌いな食べ物はしいたけだよ〜!!!!!🍄

・思い出の広場にオバレの3人がいてシンくんと話すシーン。プリズムショーに必要なのは(大切なのは?)「仲間」だよってコウジが言うシーン、コウジドアップで流れててわたしはひたすら「顔がいい……」と思っていた。いやマジで神浜コウジさんのお顔が好き……髪型が似合いすぎててギターを構えるのが様になっていて最高。あとヒロ様が萌え袖気味で萌えすぎて目が潰れるかと思った。あとカヅキ先輩のピン!って引かれたアイラインがドドドド好み。3人ともおめめがおっきくて舞台俳優さんってイケメンだなぁ(しみじみ)3人が袖にはける時、カヅキ先輩がシンくんの背中ポン!ってしたの見逃さなかった!🤗

・シンくんとルヰくんの「CRAZY GONNA CRAZY」ほんっと好き……愛してる……

・プリズムジャンプ食べたね、、良かったね、、ルヰくんのおかげだね、、、

・シンくんがエデロに入学してね!オバレの3人がいてね!ってお話ししてるのを聞いてるルヰくんの全身からシンくんへの愛おしさがあふれ出ていて見てるわたしの胸が潰れそうだった

・ハンドブレンダー?で緑色の液体をガガガガガってしながら「お風呂湧いたよ♡」って言いに来るミナトさん大好き

・風呂場の表現好き

・ユキ様とレオくんが並んでお風呂に入ってる後ろ姿みて「しんくんのきもち」になったですよ。というかお二方の距離が0でレオぴの肩とユキ様の肩が触れ合ってて無理みが強い

・レオぴ「ユキ様はなんでそんなに美しいんでしょう〜♡」「化粧水とか知りたいです〜♡」

・レオぴ原作通りバスタオル胸元まで隠していて逆にムフムフしましたよ

・シンくんぴーんって姿勢良く気失ったね……

・寝転んでるところに2人がしゃがんで大丈夫か……?ってするもんだから、そりゃふと見上げた目線はレオくんの股になるよね……ちかたないね……男だったね…………

・ユキ様「レオ、救急車」レオぴ「はい!ユキ様!」

・同じタイミングでお風呂に来るカケルとタイガ👓🐯

・ミナトさん「ちゃんと体洗って!」「不良息子走らない!」(あやふや)←マ゙マ゙〜〜〜👶🍼

・お風呂ソング大好き🛁「ここはエーデルローズのおふろ〜♪」みんなで陽気に歌うよ〜🎶ミナトさんがエデロ生ひとりひとり紹介してたのここ?ここじゃないかも?レオくん衣装担当でかわいい妹的存在って紹介されて「私は男らしくなりたいんです!ぷんぷん!」(おてて頭にやってぷんぷん!)みんな「かわいい〜😍」

・半透明のビニール?長いやつが出てきてみんなで腰の位置で持ったのでまさかまさか……と思ったら、ですよね〜!!!!!!腰に巻いたバスタオルとりますよね〜〜!!!!!そして振り回す〜〜〜!!!!!!!物理モザイク!!!!!!!!!!!!レオぴの胸から巻かれたピンク色のバスタオルは鉄壁だったので安心しました🤗ユキ様がビニールから手離しちゃってレオくんが「は!」って慌てて持つの可愛かったな〜

・ビニール撤収されてバスタオルをいそいそと巻き直すのちょっと面白かった。簡単なボタンで止められるようになってるみたいで、ヒロ様がなかなかそのボタン止められずに頑張ってた(かわいい)

・そして100%やりおった、、ひっくり返すと「エーデルローズ」と一文字ずつ書かれたおぼん(爆笑)レオぴは最後のズ!おぼん持ってコテンって首かしげてはけていった

・SJT(スーパージョージタイム)楽しかった!しょっぱなサンシャイン高田馬場…………客席に降りてライビュカメラにもたくさんアピールしてくれたね〜かわいいね〜🃏💛生まれた時の体重4646g“ヨロヨロ”って覚えてね!😘って言ってたけど4000てクソ重くない?「ライビュのみんなも?せーの\ヨロヨロ〜!/」

・おれは〜たかだの〜?ガタンゴトンガタンゴトンばば〜?ガタンゴトンガタンゴトンじょ〜??ガタンゴトンガタンゴトンじ〜〜〜!!!!!!!

・THEシャッフルの登場ずるくない?ずるいよ、、♠️♦️🃏♥️♣️(順番違うかも)(THEシャッフル人形を背負って横につながった棒で人形のおててを動かすジョージ)(シュールすぎんよ……)(人形の顔が少女漫画みたいなキラッキラのイケメンの目で笑った)

・仁様〜〜〜〜んん〜〜〜〜しゅき〜〜〜〜

・中央に出てきたルヰくんの衣装、布がサテンぽくて色気増し増しでした

・仁様がジョージだけアピールしろって命令した時延々「(人形に対して)俺様より前に出るな!」って言ってるのはちゃめちゃに笑った←人形が横一列に連なった棒を背負っているので横向くと一緒に動いてしまう

・アレク第一声からアレクではわ〜〜ひぇ〜〜〜中身武内くんじゃん!って思った

・仁様が鞭パァンッってするのSUKI

・カケルがプリズム計測器(名前忘れた)(案外安直な名前だった)でこっそりプリズム数値を測っていた。うっひょ〜!ジョージを測って「微妙〜〜シュワルツもこんなもんか」ルヰくんは計測不能😵アレクはただもんじゃなさそう!シュワルツの衣装カケルがっ゙ごい゙い゙な〜〜〜〜

・高架下のカヅキ先輩とタイガ劇場版のまんま!てかどぶネズミがってセリフ結構キツイな!アレク!!アレク本当にかっこいいな!!!!!!

・\そんなこと言わないで!/\そーだ!そーだ!/\ちょろい!/ってコールしたすぎてうずうずした(ちゃんと我慢した)

・映画通りの展開で始まったアレクvsカヅキさんのEZ DO DANCEとコウジとシンくんのプリズムジャンプ特訓!もちろんシュワロツの制服カケルがプリズムウォッチ持ってきて2人に投げる!公平なジャッジ!(*´◒`*)⌚️

・アレクとカヅキ先輩のどスケベ衣装大好き

・てか2人ともダンスうますぎ、踊りながらよく歌えるな、、、🐲🔥

・コウジの赤い糸・夏の恋はシンくんが赤い糸(というよりロープ)にぐるぐる巻きにされてそれはもうえっちが過ぎますよ!

・コウジの赤い糸を小指に巻いて登場、ぐるぐる巻きにされて、アア〜!ってなった後、黒子の人がさっと解いて、コウジに引っ張られて舞台袖に→アレクとカヅキ先輩が出てくるって感じで場面展開がテンポ崩さずにいい感じで劇場版をまんま見ているようですごい!と思った

EZ DO DANCE!←コールはちゃめちゃに楽しかった😇

・対決が終わった直後🐯「カヅキさん!からだは!?」

・コウジのはちみつキッス🍯🐝はヤバヤバだった中央階段上に立って後ろを向いたコウジの周りにはミツバチ(のパネル?を頭につけた黒子)がはちみつのパネル?をつけた棒をお尻の周りに(そうきたか音頭)コウジもシンくんもシャツはだけて、コウジなんか肩見えてた🙈劇場版と同じように覗き見てたユウくん、レオくん、ユキ様、ミナトさんもシャツはだけてた、、シンくん無限ハグ!!!!!!!!!!

・エデロの食堂のシーン、劇場版と同じように右のテーブルにユウくん、レオくん、ユキ様がシンすごかったな……!って話してて左のテーブルでシンくんがイヤホンでコウジの特訓のときにもらったOver the Sunshineを聴いている

・👓「しんちゅわ〜ん」けつサワサワ(長い)(手つきがいやらしい)

・🐯「めし」

・ミナトさん発端のアドリブタイム……「シン、話がある」と呼んでテーブル横に立たせるとセロリが降ってきた(セロリが降ってきた)(スーパーの紫のテープついてる)(シンくんナイスキャッチ!)ミナトさん「は!これは新鮮なセロリ!!!!!」一人一人にパス!ユキ様👘「これは……ほうれん草か?」「ユキ様それはセロリです!!!!」

・ドSミナトさん「タイガ!」🐯「ああ!くんな!」ミ「タイガ!いける!(パス)新鮮なセロリだ!どうする!」🐯💦「ああ!!!これ……!これ!!どうすんだよ!!!」「がんばれ!」🐯💢「あああ!!!こんなのやってられっか!!!」セロリを床にパァンッ!→下手に走って逃げていく→それをカケルが捕まえにいく

・その後もテーブルのあいだにうずくまって「あああ」ってやってた(かわいい)

・聖さんが出てきて「みんなに言いたいことがある」で場面転換

・聖さんとヒロ様が対峙して、コウジのハリウッドのこと話してる、、ヒロ様「コウジの決めたことなら応援します」うっうっ😭→カヅキ「コンコン、失礼します」(映画のあのシーンだ……!)

・オバレの解散ライブ、映画と同じように端で見守るエデロ

・ハリウッド行きの電車に乗って行ってしまうシーン、後ろのスクリーンに電車を投影して、真ん中が開く舞台の装置をうまいこと使って、そこから乗って出発するのを表現しててすごかった!🚃🌌

・カケル「エーデルローズは死んだ」

 

 

 

とりあえずここまで……後半書けるかな、書きたいな、記憶がなくならないうちに……とりあえずエネルギーがすごかったな……久々に全身できらめきを浴びるあの感覚を味わった……キンプリはいいぞ……!✨

たすくとしょうや 第2回

10/28のたすくとしょうや第2回(夜の部)行ってきた!🌷

 

24日が誕生日なので自分への誕生日プレゼントと思ってチケット買って、、、。は〜〜楽しかったな〜〜〜〜1時間半の中にフリートーク大喜利コーナー、朗読、お悩み相談と美味しい企画がギュッと詰まっててセカンドラインさんサンキュー!😘チュッ…………そして軽率に推しに会えるこの世の中万々歳!

 

お隣の席が男の人で、結局誰ファンだったんだろう。女の人ばっかりかなって思ってたけどお悩み相談コーナーでも男の人の読まれててちらりほらりといたみたい。

 

ポイントカード制度やりますって言うのはツイッターで言ってたから知ってたけど、入場して特典のブロマイドと一緒に渡されたポイントカードがガチのポイントカードで笑った。ブロマイドが普段声優さんがツイッターに載せるオフショ感満載でふふって思ってたら、オープニングで「ブロマイドもらったでしょ?あれ僕らが自撮り棒で撮ったやつたなんですよ!」って言っててやっぱりね!最高かよ!と思った。

自撮り棒で撮るところを再現してくれていてどちゃくそ可愛かった。自撮り棒も動かすけど自分らも動いちゃってね(笑)!って。ちばしょ自撮り棒初体験だったらしく、シャッターを切るボタンが手元にあることにえらく感動していた。俺手伸ばしてスマホのボタン押すのかと思ってた〜!!あれ繋ぐだけですごいよね!!!って……(うっ、うっ……かわいいがすぎる……😭)祐くんにそしたら自撮り棒の意味ないじゃん!スマホ手持ちでいいじゃん!と言われててああそっか!(笑)のくだりまで余すことなく可愛かったことをお伝えします…………😇

 f:id:nao_rin5:20171028230710j:image

 なんで犬なんだろう……?

 

席にイベントで使うアンケート置いてあって、はあ!ペン忘れた!(泣)って思ったけどボールペンが舞台上に大量に置いてあってなんて親切なイベントなんだろうかと思った。書いてる途中、19:45くらいにマイクテストを兼ねたちばしょーのアナウンスがあってビクッってなった。もうしばらくで開演です、アンケート書いてお待ちくださいみたいなの。

 

《開演・オープニングトーク

出る前にちょこっと2人がマイクでアナウンスというか軽〜い前説みたいなのがあって、ガッてちばしょのマイクが何かに当たったのかな?吹いたのかな?それで「プロにあるまじきことを……」言ってて祐くんに反省が深い言われてた可愛い🎤

 

畠「こんにちはー!」千「こんばんはじゃね?」

kawaii(   ᷇࿀ ᷆  )(   ᷇࿀ ᷆  )(   ᷇࿀ ᷆  )(   ᷇࿀ ᷆  )(   ᷇࿀ ᷆  )(   ᷇࿀ ᷆  )(   ᷇࿀ ᷆  )

ゲスト迎える前に「始まる前に相方に言っておきたいことある?」って台本で、ちばしょが「おれあるんすよ」って話し始めた話↓をツイッターでつぶやいたら今軽くバズってる。

おもむろにケツポケットからスマホを取り出して(カバーは水色だった)皆さんには映像見せられないから音声だけでごめんなさいねって、昨日逢坂さん増田さんちばしょーでドライブ🚘に行ったときに撮った、逢坂さん増田さんからのメッセージ動画(要約:飲み会で来れないらしいけど次はこいよ!お土産買って帰るね!)を見せてスマホのスピーカーにマイク当てて音声流してる時間、ちょっとシュールで面白かった。

祐くんは肉会🍖で来られなかったらしい。

※肉会……内田雄馬が美味しそうに肉を食べるところを肴にして酒を飲む会、内田さん梅原さん斎藤さん中島さん石川さん八代さんなどが主なメンバー。梅原さんがよくラジオとか雑誌インタビューで肉会の話してるからよっぽど楽しい会らしい。

というわけでお土産がこれです!ってこれまたおもむろにポケットからマヨネーズ(のようなもの、というかマヨネーズにしか見えない)を出して祐くんに渡す。祐くん「これマヨネーズじゃないんすよ、プリンなんですよ」って言って、エイプリルフールに増田さんが「今外にいるよ」のツイートがたくさんRTされてたから俺も!と思ってこのプリンの写真で今からこれ飲みます!って呟いたら、300RTくらいだった(´・ω・`)っていうのをすごく丁寧に説明してくれてた🍮😊“エイプリルフール”っていう言葉がなかなか出て来なくて可愛かった。

参考①

f:id:nao_rin5:20171030000048j:image

参考②

 f:id:nao_rin5:20171030000916j:image

参考③

f:id:nao_rin5:20171030000131j:image

祐くんのエイプリルフールのやつ本当に300RTでちょっと笑ってしまった

 

じゃあ飲んでくださいよって促されてそのプリンを飲むくだりまで「ここまでやるのぉ!?」と言いつつしっかりやってくださいました。飲んだあと口の中めっちゃプリンの匂いがして動揺したって言ってた🍮🍮🍮

あとちばしょー今日ダボっとしたズボンで、もしかしてこのプリンをポッケに入れて登場するためにその服のチョイスだったのかなって勝手に妄想して勝手に萌えた

 

そこからゲスト呼び込む流れ。

千「逢坂さんも増田さんもゲストにぜひ来て欲しいですね! 」→畠「そんなこと言ってたら今日のゲスト出にくくなるでしょ!(笑) 」→千「大丈夫ですよぉ、仲良いから!」😭🙏🙇‍♀️☺️😇

野上「はい、こんばんはー!逢坂さんでも増田さんでもなく野上翔です!!!ちょっと!この流れゲスト知らない人がいたら逢坂さんか増田さんがくるかと思うじゃん!!!!!」千&畠「あれズボン穴空いてますね」野「穴空いてるー!」千「ここ赤いここ赤い」(ちばしょのがみんのズボンのふくらはぎあたりオレンジになってるところサスサス)野「なんだこれ」

 

この3人が一緒に出てるコンテンツあるよね?8Pって言うんだけどみんな知ってるー?知ってる人手ぇ挙げて→会場全員手挙げる

えいとぴ知ってる人全員だ!視聴率100%じゃん!今度から視聴率100%です!って言ったらバズるんじゃね?そんなこと言ったら調べられちゃうからって言ってて、知ってるけどチャンネルは登録してなくてごめんねって思った。社会人になって携帯支払いが自分持ちになったら登録します……(だからそれまで続いて……!)

 プロデューサー調べで1人で来てるお客さんが多いという情報が……。1人の人手挙げてー!

             わたし ハーイ!/ (安定のぼっち参戦😌)

でも半分ぐらいだねぇってなって、同伴で来てる人〜?(同伴ってなによwってツッコまれてた)でまあ当たり前だけど半分くらいが手挙げてて

千「1人でも来てくださってるからね、周りの人たちとお話しして……ね、そう、うん」

野「なに戸惑ってるんだよw1人の人も今日お友達作って帰ってください」

私(*´-`).。oO(のがみん上手いことまとめた!!)

 

 

《ちばしょーやクイズ》それすなわち大喜利( ◠‿◠ )

どっちがより当てられるか対決形式。第1回で畠中祐クイズだったらしい。のがみん「ええ〜全然わかんないな〜」ちばしょ「ちょっと!ラジオやってるでしょ!」

Qちばしょが思うイケメン台詞

これちばしょーに言ってほしいセリフ書けばいいんでしょう?ってのっけから大喜利宣言。のがみん、祐くんから出された台詞を前に出ていい声で言う流れに(ありがとうございます…………🙏)

野→「今夜泊まってく?」(ああああああ)

祐くんのなんだっけ、忘れてしまった。あ、なんかショタ声で「お姉ちゃん◯◯する?元気出して!」みたいなこと言わせてた。くっポンコツの記憶力が憎い…………。あとちばしょーに細谷さんのモノマネさせてたのこのくだりだったっけ?セリフ言ったあと「これ誰でしょう?」ってお客さんに問題出してたけど、フリップちばしょに見せて(細谷さんで)って耳打ちしてるの丸聞こえだったよ!

2人とも2個ずつくらいセリフ出してて、ちばしょ「あれ?まだ出す!?こんななの!?」言うてた。ちなみにちばしょーが考えたイケメン台詞は

「大丈夫。君が世界一可愛いよ。」

ちばしょーが世界一可愛いよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!実演してなんだこれ!ってキレ気味な照れ隠しが世界一かわいいよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ちばしょ「2人も不正解だし、アンケートにこの答え書いたその時の俺も不正解だわ!」

そのあとお前らもやれよ!って祐くんとのがみんも前に出ていう流れに……(感謝しかない🙇‍♀️)祐くんはちばしょが考えた台詞をリップ音付きで(死ぬかと思った)(指使ってリップ音出してた)(死ぬかと思った)のがみんはこの台詞じゃなくてもいいよって言われて「今夜泊まってく?」を言ってくれた(死んだ)

 

Q落ち込んでる友達を励ます時の言葉

のがみん はい!(*・ω・)ノ/フリップをスッと出す「今夜泊まってく?」汎用性があるww

野上翔でぇす!」「それ元気でる?ww」

昼の部で下の名前でのがみんが祐くんのことを呼び捨てで呼ぶことにしたらしい。そしたら急に距離近くなったとのこと。のがみん「嬉しいんだけどね」って2回くらい言っててニコニコした😊

 正解はなんだっけたしか「黙ってやれ。それでもダメだったら話聞いてやるよ」みたいなの。とりあえずやってみろって言うんだって。のがみんが普段可愛い系なのに「黙ってやれ」なんて言うのギャップがいいねって言っててもげるほど首振った(もげてない)。わかりみが深い。

 

Q忘れ物に気づいた、さあどうする?

今日も家にプリン忘れて駅の近くまで行ってあああってなって取りに帰ったちばしょ。

「あ〜〜〜〜すみません、ほんとすみません……あのぉ〜〜あっこれ畠中祐だ」畠「ちょっと〜!!!言うけど!言うけど!」

「アァーーーーー終わったーーーーー」千「アハハそれよく言う!!!今日も言ったかも」

正解は家族や友人に頼る

まってそれ俺もアンケート同じの書いた!!せーので誰に1番頼るか言おう→ちばしょ「お母さん」祐くん「マネージャー」祐くんスタジオによく忘れる。ちばしょは実家暮らしだからね〜って言ってた。実家暮らしってやばない?めちゃくちゃ可愛い。(推しは何してても可愛い)

 

《朗読コーナー》

昼夜で違う内容だったのかな……?「えいとぴの朗読もしかしたら来てくれた人もいるかもしれないけど、あれはシリアスだったけどこれはくっだらないです!!」(by畠中くん)ハロウィンを題材にしたコメディだった!🎃🦇👻

 ストーリーとしては男子大学生2人(ちばしょ、祐くん)がせっかくだからハロウィンに仮装をしよう!ということになったけど、何故かちばしょ演じる敬一はそんなんじゃダメだ!血まみれのシャツを着ろ!顔にも血糊を!とかなり“ガチ”……。しばらくしてピンポーンと訪ねて来たのはのがみん演じる加藤さん。加藤さんは敬一の作った緑色のヤベェ液体を美味しそうに飲み、何軒か回ってきたけど誰もいなかったから家の中めちゃくちゃにしてきたよ〜(差し出された袋に入ったデザートを見て)そうそうこれ!脊髄すすると美味しいんだよね〜とにこやかに話す。実は加藤さんは本物の幽霊で敬一が住んでるところが事故物件でハロウィンになると戻ってきちゃう(だからバレないようにガチの仮装をする)ってオチ。

聴いた人にしかわからない朗読メモ(わたし用)📝→祐くん演じる周平はオオカミ男、敬一は魔法使いのマント。コンビニには売っていないイモリの尻尾とカエルの卵。今年はさっぱりめなスープ、カエルの卵とかコレステロールが気になるからね。

 

朗読中好きだったところ

・朗読始まる前→ちばしょ「おれだけマイク低くない?」野&畠「ちょうどいいんじゃない?」(ちばしょ腑に落ちない顔)

・加藤さん終始ニコニコしてて柔らかい口調だったのに、最後「また来年も来るね」の時の真顔のがみん。うは〜〜役者さんだ〜〜って思った。結構のがみんは体動かさずに表情で芝居してたイメージ(でも四季のときは体動かさないとテンション高いのできないって言ってたから役によるのかな?)

・ちばしょーは終始体が動いてた。物を差し出す仕草とか頭掻きながら台詞言ってたり。

・祐くんも表情豊か、好き。

 

《お悩み相談コーナー》

結構たくさんアンケート読んでくれてた。

Q身長が高いことが悩みです

ちばしょ「ガタッ)なにが悪いんだ!!!くれよ!」野「ヒールを履くと男の人より高くなっちゃうとかあるんじゃない?」千「ええ!?これは背が低い男が悪い!!」「ちなみに何cmだったらくれますか」お客さん「10cm……!」千「10cmも!!そしたら俺175cmになる!!」畠「え、俺すごいこと気付いたんだけど。10cmもらったら何cmって言った?」千「175cm」畠「おれ175cmー!」千「おまえ……!とんでもねぇことに気付いちまったな……!」(2人で立って並んで身長比べてたの可愛かった。身長差🙏)千「ただね、ごめんねっていうのはやめて」野「デートとかで?」千「いやデートでも友達でも、スタジオとか」野「スタジオはきついね」

こういうことでしょ?って祐くんが彼女役(たすこ)で待ってるちばしょのところに駆けて行って「ごめん……」って言うの再現してくれた🏃‍♀️👠

Qおととい誕生日を迎え21歳になったのに大人の自覚がありません、どうすればいいか(男性)

畠「これはね、俺30くらいになってもまだまだ子供だって言ってる人知ってるから。逢坂って言うんですけど。だからね、大丈夫だよ。」千 「えっと、つまり何歳になっても子供だと思ってるもんだから大丈夫ってことを言いたいんだと思います」野「さすが絆が深まってる」→千🤜🤛野→野「これ俺じゃないよね?ww」

畠中さんの動きが気持ち悪くて好きになりましたってコメントに書いてたのこの人の時?机の前に出て気持ち悪い動きしてくれた。やばかった。

Q足をつったことがなく、つるという感覚がわかりません

野「 これは知らなくていいでしょう?(笑)おれよく足つるんだよね」千「(実践しながら)足首変な方向に向けるとつるよね」野「いやおれ、そんなことしなくても横になってて足首伸ばすだけでつるもん」畠「おれ高校の時バスケやってたから、まずお尻がつるの。でイタイイタイって言ってると次腹筋に来て、動けなくなってアアア!金縛りだァ〜〜〜!!オカアサン!オカアサン!って」野「金縛りじゃねーよ!お母さん!お母さん!ってwww」

結論:知らなくていいと思うせやな

名前がルールルさんでちばしょーがルールルルルルルールル♪って徹子の部屋歌い始めたのこの質問の時だっけ。

Q真面目で面白いことが言えない

 天を仰いで共感するちばしょー。「これ俺が教えてほしい!!!!」

Q明日の天皇賞キタサンブラックを選ぶべきかどうか

のがみん「競馬やるんだ!応援してる子いるの?」お客さん「キタサンブラック……」のがみん「キタサンブラックを選ぶべきかどうかって書いてる時点であなたの気持ちは決まってるんだと思う」お客さん「キタサンブラック最近調子悪くて……」三人「キタサンブラックにしよう!」「それで勝ったらその分俺らにもね!」

 秋の中距離ナンバーワン決定戦、第156回天皇賞・秋(GI)は29日、降雨で不良馬場の東京競馬場(11R、芝2000メートル)で18頭が出走して争われ、今年限りで引退する1番人気のキタサンブラック武豊騎乗)が2分8秒3で優勝。史上5頭目天皇賞春・秋連覇でGI6勝目を挙げ、1着賞金1億5千万円を獲得した

(2017.10.29 産経ニュースより)

うおあー!おめでとーー!!すごい!!!🏇🎉

f:id:nao_rin5:20171030210829j:image

 

《閉演》

ホーム感大事にしていこう!(ちばしょ“ホーム感”2回言ってた。大事なことなので、、)お客さんの暖かさで作るイベントなのでこれからもよろしくお願いします!とのこと。次回は4月22日場所は同じくニッショーホール。この会場後ろまで見えていい会場だねーって。

「俺今日全然こっちきてねえや」って上手にいくちばしょ。祐くん「じゃあこっち(下手)も」→ちばしょ下手くる「おれだけ?笑」最後には三人揃って上手から下手までおててふりふりしてくれた!(*⁰▿⁰*)目があった気がする!嬉しい!

 

はけた後の声だけ聞こえる後説じゃんけんがかわいい✊✌️✋「また祐!」って言ってたから昼間も祐くんだったのかな?なんも考えてなかったよ〜って言ってた割にはスラスラ後説(お忘れ物のないようご退場ください〜的な)言っててすごいなーって思った!

 

 

 

 

 推しの好きなとこ(随時更新予定)

ちばしょーとは1つ違いだけど、たくさん主役やってて、イベントとかラジオでもいつも全力で手を抜かず、たまに取っ散らかるけど、でもそれがちばしょーらしさで、本当に可愛くて可愛くてかっこよくて好き。いつもニコニコしてて表情豊かなのがはちゃめちゃに好きで癒し。
祐くんもつい先週キンプリMRSライビュに行って、歌が上手すぎてヤバヤバのヤバでした。ずっとタイガの表情で、役のこと大切に思ってるんだなって伝わって来た。アレクとの対決のとき歌アレンジしてたの鳥肌もんだった!のがみんは初めて近くで見てめっちゃ顔がいいって思った。鼻が高くて目が大きくてカッコいいなぁ。朗読のとき入りのナレーションしてて、のがみんのナレーションいいなって思った。加藤さんみたいな狂気を秘めた役も結構好きって言ってたし、のがみんのいろんな演技見てみたい!!

 

 

 

おしまい!

B-project 2nd anniversary

10/1にB-project 2nd anniversaryのイベント(夜の部)に行ったよ、の話。

現地でお祝いできてよかった。2周年おめでとう!アニメ2期おめでとう!🎉💖

 

最初は、全然レポじゃないので読み飛ばしてください。キラキンが好きだ!って書いてあるだけです。というかこの記事、下書き書くだけ書いて放置してたのでもうイベントの内容は

 

・クイズ大会という名の大喜利

・リーダーは渡さない(by野目龍広)

・大河さんのなんこつへの愛🐈♡

・(ハロウィンコスプレ、猫耳女子に対して)なんこつに勝てると思ってんのか!?

・ちばしょーはバニーガールがいい👯

・画伯上村くん

・上村くんの描くうさぎは狂気的

・アイドルがボディービルダーになった

・大河さんは絵が上手

・キャラクターのライブやばすぎ…………うっ…………キラキン………………動いてる…………しんどい…………

・アニメ続編ありがとう、おめでとう

 

しか覚えてない。ので、レポとか特にないです🐰

 

 

Bプロちゃんは、ゆるく追ってるコンテンツで。

それというのも、わたしキラキンのファンなんですよ。通称クイーンって言うんだって。入り口は、まあ例のごとく声優さんで、本当にオタクになり始めの時期(高3の受験期)にkiramuneのラジオ、“キラキラビート”を狂ったように聴いていてTrignal経由で知った江口さん、防衛部でファンになった西山さん、SideMで知った八代さん千葉さんと、それぞれに強い思い入れがある作品で知った声優さんで、4人ともめちゃくちゃ好きな人だったから、何このわたしのためみたいなユニット最高!って思って推し始めたKiLLER KiNG

もちろん声優さんだけじゃ無くて、双子と幼馴染の4人のバランスだったり(なかなかアイドルユニットで4人ってないよね?)、それぞれがひたすらに可愛くて、その4人の家族みたいな関係性だったり、前向きでポジティブなエネルギーとか、歌とか、ぜーんぶがもう好きなんだけど。後輩ポジで後から出たユニットだったからアニメに出てなくて、だからグッズ展開とかも言うほど無くて。待遇が悪いと言えばそれまでだけど、これから!なユニットだからそこまでBプロに対して熱狂的にはなれんくて。(まあ、それ以外にもBプロの搾取の仕方とか、学生にはなかなか辛かったり、運営がまあなんと言うかアレだったりで理由は色々あるんですけど)

そんな感じで、横目で同行を追いつつ、アニメも見つつ、キラキンのCDは買いつつで、好きなコンテンツの1つです。キラキン箱推しやけど、特に不動明謙くんが好き。ちっちゃいのに時々とんでもない表情するし、柔道めちゃくちゃ強いし、車の運転できるし、でもやっぱり可愛いし。モチーフの動物がブタさんなのも可愛い〜な〜。🐷動物モチーフがあるのいいよね、普段の生活に推しを取り入れらるから。

話が逸れた。好きです!とっても!キラキンが!Bプロが!

 

 

 

アニメ2期発表後の最後の挨拶で、千葉さんがそれはもう嬉しそうにニコニコしながら明謙くんで言ってくれた「クイーンのみんな、おまたせ!」と八代さんの幸せを噛み締めてるような横顔は、たぶん、ずっと忘れない。

f:id:nao_rin5:20171002015805j:image

 

P.S.

明謙、お誕生日おめでとう。あなたの周りをも明るくするポジティブな空気と、自分と仲間を信じる強さが本当に好きです。こぼれ落ちそうなほどまん丸で大きな綺麗な瞳と、純粋で優しいところも好き。今日は弥勒にハンバーグ作ってもらうのかな?幸せな1日を……!🎁💞